ヘッダーをスキップし、本文へ

Sony Imaging Gallery

ソニーイメージングギャラリー銀座

公募エントリー

ソニーイメージングギャラリー 銀座 作品展公募

よくあるご質問

ソニーイメージングギャラリー 銀座は、より広く新しい才能との出会いを求めて、作品展を開催したい方を公募します。
独自の選考を行い、開催する作品展を決定いたします。応募ページより「エントリーシート」にご記入の上、展示を希望する作品画像をアップロードしてください。皆様のお申し込みをお待ちしております。

第10回作品展公募の応募受付は、3月28日(月)15:00に締め切りました。
応募受付期間:2022年2月28日(月)15:00~2022年3月28日(月)15:00締切



応募資格

・年齢、経験(プロ・アマチュア)は問いません。
・日本国内在住の方で、一次審査に合格された場合に二次審査(面談)に出席できる方とさせていただきます。
 (通常は東京での面談となりますが、新型コロナウイルス感染症対策を考慮しオンラインでの面談となる可能性があります)
・グループでの応募も可能です。

※ソニーのグループ各社に在籍されている方は応募できません。

公募部門

【一般公募部門】

プロ・アマ、年齢、撮影ジャンルを問わず応募できます。

【Future部門】

新人写真家の活動を支援し、これからのキャリア形成のきっかけとしていただくために展示をグレードアップするための費用(上限あり)をサポートします。プロ・アマ・年齢・撮影ジャンルは問いませんが、すでに一定のキャリアを築かれている方、プロフェッショナルとしての活動の基盤を形成されている方は対象となりません。ご自身が負担される展示物制作費に加えて上限40万円まで(税込/プリント・マット・裏打ち・額装など/動画を除く/発注先は指定業者の中から選定)と、展示作業にかかる基本費用66,000円(税込)をギャラリーがサポートします。

※サポート金額は、自己負担のみで開催する場合に比べて、展示をアップグレードするため(プリントのサイズを大きくする、点数を増やす、用紙や裏打ちを変更する等)にご使用ください。

【短編動画部門】

短編動画専用の部門です。1画面あたり最長15分の作品を募集します。個展とグループ展が選択できます。複数の作品を展示したい方は作品展で必要な上映画面数を明記してください。実写動画以外に、制作過程においてカメラ、ビデオカメラが重要な役割を果たしているアニメーション手法(ストップモーションアニメ、ロトスコープ等)、ドローン映像、シネマティックVlogなど幅広い動画が対象となります。詳しくは短編動画部門についてをご覧ください。

コース 応募作品 個展 グループ展
ネイチャー動画コース New 「風景」「鳥」「動物」「海洋生物」などネイチャー・ジャンルの映像作品を応募いただけます 選択可能 選択可能
自由コース 上記以外の被写体ジャンルの映像作品を応募いただけます 選択可能 選択可能

今回の公募では「ネイチャー動画」をテーマとしたコースを設けました。揺れる木漏れ日、穏やかな水の流れ、美しい鳥の羽ばたき等動画ならではの表現を生かした多彩なネイチャー・ジャンルの動画作品をお待ちしております。もちろんネイチャー以外の動画作品も自由コースにお申込みいただけます。



スケジュールと選考手順

STEP 1
応募受付期間: 2022年2月28日(月)15:00~2022年3月28日(月)15:00締切
・エントリーシートの入力
・【一般公募部門】【Future部門】展示を想定している静止画作品20点以上をアップロード。
・【短編動画部門】展示したい作品をYouTubeにアップロードし、URLを所定の欄に記入してください。
※作品展として未発表のものに限ります。(短編動画部門を除く)
※第三者の権利(著作権、肖像権他)や財産を侵害しないオリジナル作品をご応募いただけます。
※他の公募やギャラリーに申し込みを行っている作品はエントリーできません。(短編動画部門を除く)
※撮影機材の種類、メーカーは問いません。
※作品データの返却はできませんので、あらかじめバックアップを取るなどしてください。
※静止画プリント作品と動画作品の両方から構成される作品は一般公募部門またはFuture部門にご応募ください。

STEP 2
一次審査: 2022年3月29日(火)~2021年4月12日(火)
※4月12日(火)までに一次審査通過者のみに電子メールにてご連絡します。

STEP 3
二次審査(面談): 2022年4月14日(木)~2022年4月25日(月)
※指定の期間内に二次審査に出席いただきます(新型コロナウイルス感染症対策を考慮し、オンラインでの面談となる可能性があります)
※5月6日(金)までに結果を電子メールにてご連絡します。

STEP 4
作品展開催: 2022年6月以降

ソニーイメージングギャラリー 銀座

開催いただく作品展の概要および費用負担について

【作品展の概要】

展示場所:ソニーイメージングギャラリー 銀座(東京都中央区銀座5-8-1 銀座プレイス6階)
展示期間:原則2週間
開館時間:11:00~18:00(新型コロナウイルス感染症対策を変更する場合、以前の19:00閉館に戻す可能性あり)

【費用】

作品展を開催する際には、以下の費用が作者のご負担となります。予めご了承ください。
1) 展示作業にかかる基本費用(ギャラリー指定の業者による作業) 66,000円(税込)※注1
2) 展示物制作費(プリント・マット・裏打ち・額装など)
3) 動画制作、編集費
4) 作品展開催前:展示物納品時の送料
5) 作品展終了後:返却にかかる費用(2か所目以降および首都圏以外)
6) ギャラリー規定範囲外のギャラリー内の表示物
7) 案内ハガキ制作費(ギャラリー規定様式かつ500枚以内の場合は無償)
8) 特殊なレイアウト、備品を使用する場合の機材レンタル代、設置代
9) 出展者、出展者が用意する係員の移動に要する費用、宿泊代

※注1) 短編動画部門のグループ展の場合は、画面数に応じて出展者で分割負担となります。
※短編動画部門は原則として2,4,5の負担は発生しません。

展示スペース・機器の概要

ソニーイメージングギャラリーは写真プリントのみの展示はもちろん、4K対応液晶テレビ ブラビア、4K対応プロジェクターを組み合わせた展示が可能です。多彩な写真・映像表現が行えます。


ソニーイメージングギャラリー銀座

・複数のメンバーからなるグループで1つの展覧会を開催したい場合は、エントリーシートで「個展」を選択し、グループでの申し込みであることも明記してください。
・個展で使用できるプロジェクターは2台まで、テレビは65V型3台、50V型3台までです。
・シアターのようにたくさんの椅子を設置することはできません。(新型コロナウイルス感染症対策中は椅子の設置を取りやめる場合があります。)
・防音構造ではないため、大きな音を出すことはできません。またグループ展の場合は音量を控えめにさせていただく場合があります。
・作品の長さは1画面あたり最長15分とします。終日ループ再生を行います。
・大音量の使用はお控えください。(防音設備ではないため)
・新型コロナウイルス感染症対策中はヘッドフォンは使用できません。また、指向性スピーカー(音の種類により効果的な場合と不向きな場合あり)の使用を検討する場合があります。
・複数の画面を連動、同期させることはできません。

よくあるご質問
公募受付は締め切りました。
次回受付開始日はTwitterなどでお知らせします。
※公募の受付業務に関して、東京カメラ部株式会社に委託しています。なお、公募の選考はソニーイメージングギャラリーにて行っており、東京カメラ部株式会社は選考には一切関わっておりません。

問い合わせ先

本公募エントリーのお問い合わせはこちらよりお問い合せください。
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません。)
※お問い合わせへのご対応は、3営業日程度(土日祝日を除く)かかることがございますことご容赦ください。
ページの先頭に戻る