ヘッダーをスキップし、本文へ

Sony Imaging Gallery

ソニーイメージングギャラリー銀座

公募エントリー

公募に関するよくあるご質問

Q. ソニーのカメラ以外で撮影した作品は出展できますか?
A. 出展可能です。撮影機材は問いません。
Q. アップロードする作品画像点数に指定はありますか? 1点でもよいですか?(一般公募部門、Future部門のみ)
A. 展示を想定している作品の画像を20点以上アップロードしてください。(実際に開催が決定した場合は、詳細を検討する中で作品を追加したり外したりすることは相談の上、可能です。)
Q. 何度試してもエラーが出て、データがアップロードできません。
A. ご応募いただく作品データの点数や容量の制限等の詳細は、応募要項やエントリーシートの内容を再度ご確認ください。
また、ご入力時のネットワーク環境等でアップロードしにくい場合がございます。その場合は時間をおいて改めてお試しください。

それでも解決しない場合は、「contact@s-gallery.jp」までお問い合わせください。
なお、返信には時間がかかる場合があります。応募期間外の応募は受け付けができませんので、お早めにお問い合わせいただきますようお願いいたします。
Q. 「東京カメラ部」が選考をしているのでしょうか?
A. 公募のエントリーシステムと事務局業務に関してのみ、東京カメラ部株式会社に委託しています。公募の選考はソニーイメージングギャラリーにて行っており、東京カメラ部株式会社は選考には一切関わっておりません。
Q. 審査員はどなたですか?
A. 公表しておりません。
Q. 動画の作品を考えているのですが、どのように応募すればよいですか?
A. 動画のみの作品展は「短編動画部門」を選択してエントリーしてください。上映1画面あたりの長さの上限は15分です。
動画とスチル作品の両方を展示する作品展の場合は「一般公募部門」「Future部門」を選択してエントリーしてください。動画をYouTubeにアップロードし、そのURLを全て自由記入欄に列記してください。また、YouTubeにアップロードした動画のサムネイル画像を作成し「作品アップロード」からアップロードしてください。
サムネイル画像は、サイズ1枚1MB以上のJPEG形式ファイル20点以上のファイルを圧縮したzipファイルをアップロードしてください。サムネイル画像は、同じ動画ファイルから複数作成してもかまいません。
いずれの部門の場合も二次審査の時にその場での上映をお願いすることがあります。
Q. 【短編動画部門】動画の完成度がまだ低い段階です。完成していないとエントリーできないのでしょうか?
A. 未完成でもエントリーは可能です。エントリーシートに完成度などの説明を記載し、パイロット版をYouTubeにアップロードしてURLを記載してください。一次審査に通過された場合は二次審査で最新版を拝見します。二次審査の日程までに完成度をできるだけあげていただくようお願いします。
Q. 短編動画部門のグループ展に申し込んだ場合、誰と展示するかはどうやって決まるのでしょうか?知人と同時に展示したい場合はどのようにエントリーすればよいですか?
A. 作品の性質や希望上映機器の数や種類などを考慮し、ギャラリー側で組み合わせを決めさせていただきます。「グループ展」を選択していただき、自由記入欄に①知人の方のお名前すべて②知人の方と同時に展示したい旨をご記入ください。
Q. 短編動画部門に応募して仲間だけで作品展を開催したいのですが、どのようにエントリーすればよいですか?
A. 「個展」を選択し、代表者の方のお名前でお申し込みください。自由記入欄に複数メンバーで「個展」を開催したい旨を明記の上、参加される方全てのお名前を記載し、それぞれの上映したい作品をYouTubeにアップロードしてURLを記載してください。
Q. 過去にソニーイメージングギャラリーの公募に応募した作品は、再度応募できますか?
A. 可能です。ただし、過去にソニーイメージングギャラリーや他のギャラリーで展示を行った作品、他のギャラリーに応募中の作品は応募できません。
Q. 「他のギャラリーやギャラリーの公募に応募中の作品は応募できません。」とありますが、いつからいつまでが対象の期間でしょうか。
A. 期間の指定はありません。まだ結果がわかっていない作品はご応募いただけません。
なお、「既に落選したことが明確になった作品」はご応募いただけます。
Q. 「作品展として未発表のものに限ります。」について詳しく教えてください。(一般公募部門、Future部門のみ)
A. 「写真集として出版されたことがある作品の初展示」、「フォトコンテストに応募したことがある作品が含まれる」、「過去にグループ展で展示した作品が少数含まれている」などのケースは問題ありません。
以前展示を行ったカットが多数を占める作品展案の応募や、弊社ギャラリーでの展示より前に同じ内容の作品展を別の場所で展示することはお控えください。
Q. グループで応募する際にはエントリーシートにどのように記入したらよいですか?
A. 名前、性別、住所、メールアドレス、電話番号、生年月日などの項目は、こちらからコンタクトをさせていただく際の代表者の方の情報をご入力ください。
また、プロフィール、自由記入欄、展示コンセプトなどの欄には、グループ名、おおよその人数、メンバー構成(プロのみ、プロアマ混成など) 、作品の内容(共通のテーマの有無や、メンバーごとに展示したい点数イメージなど)をご記入ください。
Q. ひとりで複数の作品展案を応募できますか?
A. 可能です。作品展案ごとに個別にエントリーをお願いします。
Q. 二次審査に必要なものはありますか?
A. 【一般公募部門・Future部門】二次審査には、プリント(大きなサイズでなくても可)や動画(テスト版で可)の作品をご持参いただきます。特に、ご自身によるプリントを展示されたい方は、自作のプリントを必ずお持ちください。

【短編動画部門】応募作品の上映をお願いします。
Q. 締切時間までにデータをアップロードできなかったのですが、その場合は応募を受け付けてもらえないのでしょうか?
A. 申し訳ございません。応募期間外の応募は受け付けができませんので、ご了承ください。
また、締切間際は回線が混み合い、エラーが起こりやすくなる場合がございますので、お早めに応募のお手続きされることを推奨します。
Q. 公募に関して質問があるのですが。
A. ご質問はメールでのみ受け付けております。contact@s-gallery.jp までご連絡ください。なお、ギャラリーへの直接のお問い合わせ、お電話でのご質問はお受けしておりません。
Q. 展示設営に立ち合いは必要ですか?
A. 立ち合いをお願いいたします。
Q. 展示物を制作する際、制作会社等の指定はありますか?
A. 特に指定はありません。なお、展示する作品をご自身で出力される場合は、審査の際や審査通過後等にそのクオリティを確認した上で判断させていただきますこと、ご了承ください。
Q. 在廊は必須ですか?
A. 必須ではありませんが、可能な限り在廊をお願いします。
Q. 展示開始後に作品に傷がついた場合の対応はどのようになっていますか?
A. ソニー側では責任を負えません。
ページの先頭に戻る